カルチャービスケット

お菓子のように、手軽につまめる映画やゲームなどをご紹介

【映画】最も残虐な悪?はあ?!可愛いんですけど!「ヴェノム」

こんにちは!PPキャンディーです!

今回はマーベル映画「ヴェノム」の感想を書きます。

ヴェノム

主な登場人物

  • 強い正義感を持つキャスター エディ・ブロック(トム・ハーディ)
  • シンビオートの中で落ちこぼれらしく、エディのことが気に入ったらしいヴェノム(声:トム・ハーディ)
  • 恋人エディのせいで職を失い婚約を解消したアン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)
  • 社会的弱者を使ってシンビオートの人体実験を行うカールトン・ドレイク(リズ・アーメッド)

映画「スパイダーマン3」では複数いる敵の中の1体くらいの立ち位置になってしまい、登場が予定されていた「アメイジングスパイダーマン」は2作で打ち切りになってしまいと、不運が続いていたヴェノムでしたがついに単独映画化!ヴェノム3部作の記念すべき1作目です!

主人公でジャーナリストのエディ・ブロックは、怪しい人体実験をしているライフ財団を調査しています。これが原因で彼女と別れてしまったり(彼女のパソコンを勝手に見たりと自業自得な面もある)仕事も無くなり何やっても上手くいかない。そんな中、地球外生命体シンビオートに寄生されてしまいます。

このシンビオートは寄生した動物を内側から食べてしまいます。エディは元彼女に助けを懇願するも、シンビオートに体を乗っ取られた奇怪な行動にドン引き。エディ本人は「何かに寄生された…」と必死なのですが、観てるこっちは笑えてしまいます。

どうなるんだろうと思って観ていると、特に何もなくヴェノムはエディを気に入ってしまい身体を食べることをやめてエディに手を貸すので「え?」ってなります。「デスノート」の死神リュークみたいな人間の行動をみて楽しむって感じでもなく、普通にイイ子ちゃんになってエディを助けまくります(笑) ポスターには「最も残虐な、悪が誕生する」と書いてあったのですが、どうやらヴェノムはシンビオートの中でも落ちこぼれの負け犬らしく、同じく負け犬のエディと2人で這い上がろうとするバディ物なので全然「最も残酷な悪」は誕生しませんでした(笑)

描写もそこまでキツいものはなく、なんで振り切った作品にできなかったのかと言うと、もしもMCUスパイダーマンと合流することになったら……という理由だそうです^^;

ただ、ヴェノムとエディが意気投合してからはヴェノムがただただ可愛くて最高なんですよ。エディ「人食べちゃダメ!」ヴェノム「そうなのか?わかった。代わりの肉をくれ。」みたいなのがずっと続いて可愛い〜〜ってなります(笑) 「寄生獣」のミギーや「ヒカルの碁」の佐為の枠にヴェノムも入ると思います。

一応ダークヒーローの話なので、夜のシーンが多く画面は暗いです。夜のバイクチェイスは火花が綺麗でした。ただ、クライマックスは画面が暗いのでヴェノム(黒)と似たような色の敵(グレー?)の見分けがつきにくく、アクションもスピーディーなのがここでは仇となって分かりにくかったです。次回作ではもっと分かりやすいカーネイジ(赤)とかスクリーム(黄)とかと戦ってくれるとありがたいです(笑) 以上!

あわせて読みたい