カルチャービスケット

お菓子のように、手軽につまめる映画やゲームなどをご紹介

【映画】平成生まれの僕が初めて見た「ロッキー」シリーズ

こんにちは!PPキャンディーです!

ロッキーシリーズを見始めたので、その感想を随時記入していこうと思います。

僕はロッキーを見たことがありません。2015年に公開したクリード チャンプを継ぐ男で初めてロッキー新シリーズ(スピンオフ?)に触れ、衝撃を受けました。

クリードだけでも充分すごかったし、新世代の話なので、過去作は見ない方がアドニス・クリードに感情移入できるのではないかと思って今まで見てきませんでした。

しかしこの度、huluでロッキー1〜ザ・ファイナルまでが見れるようになり(ザ・ファイナルは前からあったけど)せっかくなので見てみようと思った次第です。来年公開のクリード2にはまた過去作の重要人が絡むっぽいし。もう見ておこうかと。

そんな感じで特に内容は知らないのですが見始めてみようと思います!

 

ロッキー

f:id:centuryegg2:20181211000355p:plain

 

主な登場人物は

  • フィラデルフィアのボクサー ロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)
  • ペットショップで働く人見知りで内気な女性 エイドリアン(タリア・シャイア)
  • 一度ロッキーを見放してしまうトレーナー ミッキー(バージェス・メレディス)
  • 世界ヘビー級チャンピオン アポロ・クリード(カール・ウェザース)

クリードを先に見ていてロッキーはおじいちゃんのイメージなので、ロッキーの昔話を聞いているような感覚でした。

ボクシングの賞金だけでは食べていけないロッキーは、しょうがなく高利貸しの取立人を請け負いながら日銭を稼ぐ自堕落な生活を送っている30歳です。ペットショップで働いている内気な店員エイドリアンに恋心を抱き、毎日ペットショップによってはジョークを言って気を引こうとしている姿が可愛らしいです。

エイドリアンはもっとイケイケなネエチャンだと勝手に思っていたので意外でした。エイドリアンのどこが好きか聞かれて「さあな、シックリくるんだ」というセリフにはそういうもんだよねえと共感、動物達にも好かれているロッキーには好感が持てました(バッカスめちゃ可愛い)。「(電話は)うるさいから取っちまった」とかカッコいい言いまわしが好きです。

ある日、世界王者アポロ・クリードの対戦相手が負傷しタイトルマッチに出られなくなってしまうのですが代役も見つからず、話題集めのために無名選手と戦うことにして、そこで対戦相手にロッキーが選ばれます。

アポロ戦でロッキーがダウンした時は目頭が熱くなりました。試合の結果はどうであれ、ロッキーが挑戦したということが大切なんですね。ていうかロッキーが公開された時ってワイド画面じゃないですよね?それがワイドになってるってことは、映像の上下を切り取ってるってこと?それってかなり勿体無い気がするので元のサイズで見たかったなあ^^;

話作りはボクシング要素が思ったより控えめで暑苦しすぎず、話運びもシンプルでとても見やすかったです(どうでもいいことですが生卵を何個もジョッキに入れて飲むやつ、僕は幼い頃母から卵は1日1個と言われていたので、そんなに飲んで大丈夫なのかなと心配になりました)。 


 

ロッキー2

 

対戦相手

  • 名声を取り戻すべく再戦を要求する世界ヘビー級チャンピオン アポロ・クリード

ロッキー1のアポロ戦で右目を負傷、結婚を期にボクシングは引退しようとするも、うまくいかず。それでもエイドリアンとお腹の子供のためにお金を稼ごうと奮闘しているロッキー。

一方アポロは試合には判定勝ちしたものの納得がいかず、KO勝ちで自分の力を見せつけてやると再戦を要求するといった話なのですが、今回も1と同じくボクシングよりエイドリアンとの話が主(てかボクシング辞めてるし)。
クリードでロッキーシリーズを知った僕的には、ロッキーはボクシング映画ではないということが驚きだったのですが、エイドリアンとの恋愛模様も面白いし、少ない練習シーンだけでも闘志が湧いてきます。

1では孤独だったランニングが、2では子供が後をついてきて大勢で走っている。なんかロッキー1を見て心を動かされた人たちに見えて、僕もその1人だぞと思って体を動かしたくなりました。

↑1を見た後の僕のツイートなのですが、なんかロッキー見てると体動かしたくなるんですよね。

あとは、愛犬バッカスの出番が増えてて良かったことですね。

 

 

ロッキー3

対戦相手

  • 世界ランキング1位 クラバー・ラング(ミスター・T)

いや、プロレスしてるし!今回はボクシングすらしないのかなと最初は思いました(大丈夫でした)。

アポロ戦以降環境が変わり、ちやほやされて勝利への貪欲さがなくなってしまったロッキー。練習もファンの前で行い見世物状態で、挑戦者クラバーにやっぱりボロ負け。

トレーナーのミッキーも亡くなってしまい、途方に暮れているところに現れるのが過去2作品で戦ってきた宿敵アポロ・クリード!うおーこれはアツい!宿敵がトレーナーになってロッキーに手を貸すという少年ジャンプのような展開が来ました!勝利のために恥を捨てアポロの練習法で特訓するロッキー。しかし死んだミッキーと負けた記憶が頭から離れず練習に打ち込めない、どうするロッキー!といった話で、ようやくボクシング映画らしくなってきた!と言った感じです。

今回の敵は通称殺人マシーン・クラバーですが、結局はアポロとの話で今回は友情が芽生える様が描かれています。最後のロッキーVSアポロは、結果を見せないところがニクいですね(そういう演出好き)。愛犬バッカスの出番が無かったのが残念。

 

ロッキー4

以下、随時更新!

 

 

あわせて読みたい