カルチャービスケット

お菓子のように、手軽につまめる映画やゲームなどをご紹介

【映画】ハリポタの新シリーズ開幕!「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

こんにちは!PPキャンディーです!

今回はハリー・ポッターの新シリーズでしかも最新の技術でパワーアップした魔法世界で人々を魅了するファンタスティック・ビーストの感想を書きます。

 

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 

主な登場人物

  • 動物は大好きだけど人間付き合いは不器用なニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)
  • 捜査官に復帰するための手柄が欲しいポーペンティナ・ゴールドスタイン(キャサリン・ウォーターストン)
  • 魔法を体験し驚いたりと観客に一番近い存在のノー・マジ ジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)
  • 人の心が読めるクイニー・ゴールドスタイン(アリソン・スドル)
  • 魔法界の機密保持法が破られるかもしれないと禁じられた魔法動物と旅をしているニュートを危険視するパーシバル・グレイブス(コリン・ファレル)
  • 魔法使いや魔女の拒絶運動に没頭しているメアリー・ルー・ベアボーン(サマンサ・モートン)
  • メアリー・ルーの養子で虐待を受けているクリーデンス・ベアボーン(エズラ・ミラー)

2011年に完結編が公開された「ハリー・ポッターと死の秘宝PRAT2」から5年後の2016年に公開されたハリポタ新シリーズです。監督は「不死鳥の騎士団」からハリー・ポッターシリーズを撮ってきたデヴィッド・イェーツ。

この新シリーズは5部作(当初は3部と言われていた)を予定しており、ハリポタ1作目から70年前の前日譚をハリポタ原作者J・K・ローリング自ら脚本を書いています。可愛い動物たちの映画なのですが描かれるテーマは「虐待」です。

物語の主人公ニュート・スキャマンダーは、のちにハリー達が使う教科書「幻の動物とその生息地」の著者です(実際に発売されていて中学生の頃読んでたなあ)。魔法生物学者のニュートは動物たちにしか心を開かず人と目を合わせて話ができないような人です。

ある時、ニュートのトランクケースからカモノハシのような魔法動物ニフラーが逃げてしまうところから話が始まります。僕たちのような非魔法族(ノーマジ)のジェイコブや闇祓い(闇の魔法使いを追う専門のお役所さん)ティナを巻き込み、他の動物たちもトランクから逃げてしまい、大騒動を起こします!

 

ワクワクしすぎて上映後走って帰宅!そして動物たちが可愛すぎる!

大人になってからも魔法にこんなにワクワクするなんて全く思っていませんでした!!

まず、ハリポタの新シリーズ(スピンオフ)なのに全然違うんです!ファンタビ1は逃げ出した何種類もの魔法動物を探して捕らえる話で、とにかく動物たちが可愛いんです!見た目はちょっと気持ち悪かったりするんですが、仕草がもう動物そのもの。そしてその動物たちを愛してやまないニュートもまた可愛いやつ(求愛ダンスとか最高でしたね)なんですよ!

動物にはムツゴロウさんばりに全てを尽くすニュートは人間のことは信じておらず目を見て話さないのですが、そんなニュートに好かれるジェイコブ、人の心を読めるクイニーにまで好かれるジェイコブ!ジェイコブまじ良いやつ!

ハリポタは学生たちの話だったからまだ魔法が未熟でその成長が見所の一つなのですが、ファンタビに出てくる魔法使いたちはもう大人なのでガンガン魔法使うしその魔法表現を観ているだけでも楽しいです(ハリポタ1作目公開から15年も経っているので比べると映像の進歩もわかります)。あと、トランクの中に動物たちの住む部屋があるのもワクワクしますよね!魔法ってすげー!

そんな「魔法ってすげー!」って観客の気持ち、ハリポタでは生徒たちが新たな魔法を体験して驚くといった感じでしたが、ファンタビではノー・マジのジェイコブがその役目を担っています。魔法は使えないけどなくてなならない存在です(スターウォーズのハン・ソロだってフォースは使えないぜ)。

そして動物を早く捕まえなきゃといった焦りだったり、巻き込まれていく別の事件だったりがもう疾走感がすごくて、観終わった後映画館から家まで走って帰りました。それくらい面白いんです!とりあえず動物好きには絶対観て欲しい!「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」でした!

 

 

あわせて読みたい